スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
コフキトンボ Deielia phaon
体長:37~44mm
時期:5~10月
分布:北海道南部~沖縄本島

20050929203729.jpg
▲♂成熟 2005年8月6日 兵庫県南あわじ市

シオカラトンボを小さく寸詰まりにしたような感じのトンボで、成熟すると体に強く白粉をふくことからこの名前が付きました。
シオカラトンボやシオヤトンボに似ていますが…シオカラトンボ類などのように、地面や石などにお腹をベッタリつけるような感じで止まることことはせず、大抵は植物の先端付近に止まっていることが多いです。

20050929203718.jpg
▲♀成熟(無色型) 2005年7月24日 徳島県板野町

メスは、胸部側面の黄色い斑が特徴的です。
また、メスには…写真のような翅が無色のタイプと、褐色の帯が入る「オビトンボ型」と呼ばれるタイプの2タイプがあり…全く別種のトンボに見えます。
図鑑によると、北海道と沖縄本島では、全てがオビトンボ型で…その他の地域になると、大部分が無色型でオビトンボ型は稀なようです。
生息地の北の端の北海道と、南の端の沖縄本当では全てオビトンボ型と言うのが面白く大変興味深いところです(^-^)

20050929203711.jpg
▲♂半成熟 2005年7月24日 徳島県板野町

よくこのように体を「へ」の字に曲げたような姿勢で止まっているところを見かけます。
シオカラトンボ類は止まっている時に翅を伏せますが、コフキトンボは翅を持ち上げるような姿勢を取ります。
オスの未熟個体になると、メスのように胸部分の黄色斑が目立ちます。写真の個体は、まだ胸の斑が見えることから半成熟個体だと思われます。

さて、私がトンボにハマるキッカケになったのが、このコフキトンボです(^-^)
野鳥撮影で目当ての鳥が出現するのを待っている際に何気に撮ったのが、コフキトンボ♀で…何気に撮ったものの、何ていうトンボか知りたくなり調べているうちに、たくさんのトンボの種類がいることを知り、だんだんとハマって行って今に至るって感じです(^_^;)
スポンサーサイト
【2005/09/30 00:16】 [トンボ科] コフキトンボ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。