スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
ショウジョウトンボ Crocothemis servilia mariannae
体長:41~53mm
時期:4~10月
分布:北海道南部~屋久島

20050919222211.jpg
▲♂成熟 2005年6月19日 兵庫県五色町

全身が真っ赤で…複眼から尾端まで…脚までが赤いトンボで
個人的には「シャア専用トンボ」です(笑)
和名の由来は、中国の空想上の怪獣『猩々(しょうじょう)』の赤い髪に見立てて名づけられたそうです。
ショウジョウトンボ属に属し、一般に言う赤トンボ(アカネ属)の仲間ではありません。
アカネ属との違いは、腹部が偏平な点で見分けることができます。

20050919222232.jpg
▲♀老熟 2005年7月9日 兵庫県淡路市

メスは、成熟しても真っ赤にはならず、赤味がかってくるものの…くすんだ体色になります
ショウジョウトンボは、多様な池に住み付くことから、きわめて普通に観察することができます。

20050919222242.jpg
▲♂未熟 2005年6月29日 兵庫県南あわじ市

20050919222250.jpg
▲♀未熟 2005年7月19日 兵庫県五色町

未熟個体は、オス・メス共に、体色,翅は橙黄色をしています。
未熟個体におけるオス・メスの見分け方は、私の場合…腹部先端の形状で行っています。

20050919222222.jpg
▲♂成熟(異色型) 2005年8月7日 兵庫県淡路市

時折、この写真のように少し変わった斑紋を持つ個体が現れるそうです。
腹部の形状を見れば分かるはずなのですが…
実際にフィールドで遭遇すると、迷います(^_^;)
スポンサーサイト
【2005/09/19 22:48】 [トンボ科] ショウジョウトンボ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。