スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
オオイトトンボ Cercion sieboldii
20050828195918.jpg
▲♂成熟 2005年8月15日 徳島県池田町

クロイトトンボ属の識別は、ホント難しいのだが…
オオイトトンボ♂の識別ポイントは
 ・ 眼後紋が大きく西洋なし型をしていること
 ・ 眼後紋を結ぶように、太い後頭条があること
 ・ 肩の黒条の中に淡色部がないこと
 ・ 腹部第8節に短い黒斑があること
で見分けることができる

20050828195927.jpg
▲♂成熟 2005年8月15日 徳島県池田町

スイレン?の葉に乗っているところ
なんとな~く大きさのイメージが掴めると思う。
他のクロイトトンボ属よりは、若干大きめに感じた。
実際に、大きいからこの名前がついたのだろうが…(^^;)

20050828195936.jpg
▲連結産卵 2005年8月13日 高知県四万十市

産卵は、連結して水没したアシの茎などに行われるようだ。
しばしば水没産卵も行われるらしい…

「神戸のトンボ」さんによると…
セスジイトトンボやムスジイトトンボと同じ池にいる例が少なく
かなりハッキリした住み分けがされているようだ
本種は、どちらかと言うと…山間部のため池に多く生息しているらしい。
もちろん例外もある。。。

オオイトトンボは、兵庫県版レッドデータブックではCランクに指定されている。
スポンサーサイト
【2005/08/28 20:49】 [イトトンボ科] オオイトトンボ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。