スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
モートンイトトンボ Agriocnemis pygmaea pygmaea
体長:25~28mm
時期:4~9月
分布:北海道南部~九州
備考:兵庫県RDB Bランク

20050904213146.jpg
▲♂成熟 2005年8月15日 徳島県池田町

和名の由来は、イギリスのトンボ学者ケネス・モートンにちなんで付けられたらしい…
オスは成熟すると、胸が青緑色で腹部は明るいオレンジ色となり大変美しい可憐なイトトンボで、眼後紋がブーメランのような「へ」の字型なのも特徴

20050904213154.jpg
▲♂成熟 2005年8月15日 徳島県池田町

四万十トンボ遠征の帰り道…
どうしても見たくて、同行してた友人を説得して遠征を1日延期し、ネットで調べてた生息地に立ち寄って見つけた!
発見できたのは、このオス1頭のみ…時期的にギリギリだったのだろうか?とにかく見ることができて良かった♪
ちなみに徳島県での確実な生息地は、この場所だけらしい。

20050904213202.jpg
▲♂成熟 2005年8月15日 徳島県池田町

大きさはアジアイトトンボを同じぐらいに感じた。
掴まっている草は、手入れされずに伸びた芝生ぐらい…
スポンサーサイト
【2005/09/04 22:12】 [イトトンボ科] モートンイトトンボ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。