スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
コバネアオイトトンボ Lestes japonicus
20051004215832.jpg
▲♂成熟 2005年9月23日 香川県東かがわ市

20051004215841.jpg
▲♂成熟 2005年9月23日 香川県東かがわ市

香川県にコバネアオイトトンボの多産地があると言うことで…鳥見ついでに行ってきました。
体の長さに対して翅がやや短く見えることから、『コバネ…』の名前がついたようです。
日本RDB(レッドデータブック)では、絶滅危惧Ⅱ種(VU)、兵庫県版RDBでは、Bランクに指定されています。
オス成熟は、コバルトブルーの複眼がとても美しいです♪
また、アオイトトンボと違って、成熟しても体に白粉をふきません。
最初、なかなか見つからなかったのですが…半ば諦め気味に最初に探してた場所とは対岸側の草が生い茂った堰堤を歩いてみると、ワラワラと出てきました。

20051004215848.jpg
▲♀成熟 2005年9月23日 香川県東かがわ市

20051004215857.jpg
▲♀成熟 2005年9月23日 香川県東かがわ市

メスは、成熟してもオスのようにコバルトブルーの複眼にはなりません。
「神戸のトンボ」さんによると…一説では、このトンボの産卵管がかたい植物の茎には産卵できないような構造であるとされていて、それが生息できる池を限定しているといわれているそうです。
スポンサーサイト
【2005/10/04 22:33】 [アオイトトンボ科] コバネアオイトトンボ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。