スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
ナツアカネ Sympetrum darwinianum
体長:35~40mm
時期:6~12月
分布:北海道~九州


20051026205001.jpg
▲♂成熟 2005年9月23日 香川県東かがわ市

20051026211911.jpg
▲♂成熟 2005年9月23日 香川県東かがわ市

アキアカネと並び、日本の赤トンボを代表する標準的なトンボです。
名前の由来は…夏に見られる未熟な黄色いトンボを、種を超えて便宜上「ナツアカネ」と呼んでいたらしいのですが、やがて正式な名称となったそうです。

アキアカネによく似ていますが、胸部側面の黒い部分の形状で見分けることができます。
またナツアカネの成熟♂は、顔を含めた全身が真っ赤になるのに対し、アキアカネの成熟♂は、腹部のみが赤くなります。

20051026211919.jpg
▲♀成熟 2005年9月23日 香川県東かがわ市
スポンサーサイト
【2005/10/26 22:55】 [トンボ科] ナツアカネ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。