スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | page top↑
オニヤンマ Anotogaster sieboldii
全長:90~110mm
時期:6~10月
分布:日本全土

20060901221815.jpg
▲♂休止 2006年7月22日 兵庫県南あわじ市

誰でも一度は名前ぐらいは聞いたことがあると思います。
どれくらい有名かと言うと…トンボに詳しくない方が、体の黒い大きなトンボは全てオニヤンマになってしまうぐらい名前だけは超有名です(笑)

全長90~110mmは日本最大のトンボで、体格の良さでは世界一だそうです。
和名の由来は、その恐ろしげな顔つきと、黒と黄色の模様がトラ柄のふんどしをした鬼を連想させるためだそうです。
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/09/01 22:43】 [オニヤンマ科] オニヤンマ | トラックバック(2) | コメント(2) | page top↑
クロスジギンヤンマ Anax nigrofasciatus nigrofasciatus
体長:72~83mm
時期:4~7月
分布:本州~奄美大島
20060822222501.jpg
▲♀羽化直後 2006年5月5日 徳島県三好市

ギンヤンマによく似ている春に出現するヤンマの仲間です。
胸部に2本の黒い筋があることでギンヤンマと見分けることができます。
また、ギンヤンマは、明るく開けた池沼や水田を好むのに対し
クロスジギンヤンマは、薄暗い小さな水辺を好む傾向にあるようです。
続きを読む
【2006/09/01 21:50】 [ヤンマ科] クロスジギンヤンマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トラフトンボ Epitheca marginata
体長:48~55mm
時期:4~6月
分布:本州~九州

20060822222209.jpg
▲♂縄張飛翔 2006年5月7日 徳島県徳島市

虎斑模様をしたエゾトンボの仲間です。
縞模様が基本のエゾトンボ科のなかでは、ちょっと変わりもの?(^^;)
産卵形態も少し変わっていて…
交尾を終えた♀は、木の枝などにとまって、尾端に「卵塊」を作ります。
♀は卵塊を尾端に持ったまま飛び立ち、「ダ~~ッ!」ってなぞる様な感じで、卵塊を水中の植物に絡ませます。
卵塊は粘液に包まれていて、中には約600~800個の卵が入っています。
卵塊を植物に絡ませ…更に粘液で包むことで、卵を外敵から守っているんだそうです。
【2006/09/01 21:31】 [エゾトンボ科] トラフトンボ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。