FC2ブログ
ヤマサナエ Asiagomphus melaenops
全長:65~71mm
時期:4~8月
分布:本州~九州

20050620201002.jpg
▲♂ 2005年6月19日 兵庫県南あわじ市

20050620201002.jpg
▲♂ 2005年6月19日 兵庫県南あわじ市

トンボモード2日目…我が家の近くを流れる川の上流へ行ってみた。
行き止まりになってるところから、干上がりかけている川の方へ歩いて行ってみるといた!
しかし…梅雨入りしていると言うのに、今年も雨が少ない。まぁ、休日は晴れて欲しいのだが…



▲♀ 2005年6月19日 兵庫県南あわじ市

20050726224618.jpg
▲♀ 2005年6月19日 兵庫県南あわじ市

ヤマサナエとキイロサナエはよく似ているので識別は難しい…
メスの識別は産卵弁を見るのが確実で、キイロサナエのメスには、腹部の先の方に下に突き出た突起があるのだが、ヤマサナエには突起がない。
上の2枚は同一個体で、2枚目の写真の腹部の先を見ると突起がないのが分かる。

20050726224627.jpg
▲♀ 2005年6月18日 兵庫県南あわじ市

実際のフィールドでは腹部の先の突起の有無を見分けるのはなかなか難しい。
そこで一般的には、腹部の中央の背中側の黄条がヤマサナエではほぼ節の長さまであり
キイロサナエでは節の半分以下であることから見分けることが出来るといわれている。
このことから、この個体はヤマサナエ♀と識別した。

しかし…まぁ、ただ…
初心者には、ヤマサナエかキイロサナエって風に当たりをつけるのが一苦労なのだが。。。
スポンサーサイト



【2005/06/23 00:22】 [サナエトンボ科] ヤマサナエ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コオニヤンマ Mnais strigata | ホーム | カワトンボ Mnais strigata>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dragonfly002.blog13.fc2.com/tb.php/10-cb6a2205
| ホーム |