FC2ブログ
ホソミオツネントンボ Indolestes peregrinus
体長:34~41mm
時期:ほぼ1年中
分布:北海道(中部)~奄美大島


▲♀成熟 2006年6月2日 兵庫県淡路市

成虫のまま越冬するトンボ3種のうちの一つです。
4月中旬になると水辺に姿を現し、生殖活動をします。
その後、3~4ヶ月ほど経った7月~8月頃に羽化した成虫が姿を現し…
水辺からかなり離れた山間に入って生活するそうです。
秋~冬を越え、また春になると水辺に現れます。
この間は、体色は青くなく褐色で…春にならないと青くなりません。
スポンサーサイト



【2006/08/23 00:11】 [アオイトトンボ科] ホソミオツネントンボ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<トラフトンボ Epitheca marginata | ホーム | オツネントンボ Sympecma paedisca>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dragonfly002.blog13.fc2.com/tb.php/80-90283301
| ホーム |